Blue&red ハット。

  • CATEGORY商品
  • PUBLISHED ON2014/ 07/ 10/ 20:32
  • COMMENT0


140710-1.jpg

台風何事もなく、よかったでございます。



皆様、こんばんは。
広島県呉市の古着屋「ティモモシィー」です。



ホンマに何もなくて、ホッとしております。
ただ、この蒸し暑さは何なんでしょうか。。
早くカラッとしてほしいものです




さてさて、本日は帽子の紹介です。

今回はハンドメイドで一個一個丁寧に手作りをしている
『Blue&red』さんに別注で古着を使って作っていただきました。

ブルーレッドさんは縫製工場に勤めながら、
プライベートで気に入った物を少しづつ、少しづつ作っているブランドさんです。

毎日ミシンを使っての仕事の傍らで、時間を作っての作業。
当たり前に数はたくさん作れません。
ましてや、こちらが持参した古着を解体して再構築という手間のかかる作業。
無理を聞いて頂けましてありがたいかぎりです

そんな縫製のプロが作ったハットどうでしょうか???





140710-2.jpg


140710-3.jpg
ブルーレッド ハット ブラックデニムバージョン  4,900円

ツバ短めのハットです。
うちの別注でツバを短めに作ってもらいました。
トップのパネル部分のステッチは緑です。
裏のリボンが見えてないですが、もちろん緑です。
元々の生地は80'sのリーバイス501のブラックデニムを使用していただきました。

帽体がチョイ深でツバ短めでニットキャップの様に違和感なくかぶれると思います。




続きまして、




140710-4.jpg


140710-5.jpg
ブルーレッド ハット ハンティングカモバージョン  4,900円

こちらは70年代のハンティングジャケットを解体構築。
かなり着込まれていたハンティングジャケットを使用したので、
見た感じがかなりイイ感じにやれていまして、
加工では出せない良い雰囲気となっております。




そして、ラスト。





140710-6.jpg


140710-7.jpg
ブルーレッド レッドタブバージョン  4,900円

こちらは80’sのブラックデニムにブラックステッチバージョンですが、
遊び心でツバにレッドタブが。
手に取っていただければよくわかるのですが、クヲリティーが高すぎて
オリジナルか???と思うほどです
是非とも実物を見ていただきたいものです!!!!




140710-8.jpg

今から日差しがかなり強くなってまいります。
ヒップポケットに、バックの中に、パッと収納できるハットいかがでしょうか???







んで、この『Blue&red』。あえてアンドは読まずに『ブルーレッド』
作り手の名前は書きませんでしたが、どうせバレるのでここまで引っ張って書きますが・・・・

GAKU店長です

服飾の学校で4年勉強して、縫製工場で2年半働いた彼が生み出したハット。
もちろん現役で今でも毎日ミシンを踏んでいる彼が作り出すブランド『Blue&red』。
彼の魂のこもったハット。
是非とも手に取って、ご試着してみてください。
贔屓目抜きにして激推しですww



はい、てな感じで本日はここまで。

明日も皆様のご来店をお待ちしております。
明日はガンガン紫外線が降りてくるはずですww
ハットと共にお待ちしております



ではでは



関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment