70505 ビッグE。

  • CATEGORY商品
  • PUBLISHED ON2014/ 08/ 29/ 23:32
  • COMMENT0


140829-1.jpg

フクダ先生、ありがとうございます!!
居る間に飲みに出ましょう




皆様、こんばんは。
広島県呉市の古着屋「ティモモシィー」です。




昨日は突然の臨時休業スミマセンでした。。
本日より真面目に通常営業しております!!
正確には本日は通常営業終了いたしましたが・・・・

ってことで、本日は超真面目に商品紹介いたします。
よろしくお願いいたします!!



140829-2.jpg


140829-3.jpg


140829-4.jpg


140829-5.jpg
リーバイス 70505 ビッグE  12,500円

春、秋になると絶対当店ブログに登場いたします、70505。
今回はビッグEのタブがつく物。
確か以前のブログで、557の通称サードと70505の通称フォースの違いは書いた気がするので
本日は割愛いたします。知りたい方は聞いてもよし、ネットで調べるもよしww

現在も作られ続けている70505。
557から移行したのは60年代後半1966年頃と言われております。
それから数えますと約半世紀変わることなく、
リーバイスの代名詞的ジャケットとして君臨しているのですね。

ほんでですね、本商品はビッグEのタブを装着しているわけでございまして、
557からの移行時期であります60年代後半から70年代初頭に作られていたものなんですね。

この辺詳しい方ゴメンナサイ。。
若い世代もブログを見ておりますので、我慢してくださいww

たまに、極たまに、ビッグEって何??って聞かれますので・・・・いちを・・・・
ビンテージのリーバイスは『LEVI'S』ってなってて、現行は『LeVI'S』って話。
家にあるリーバイスを見てみてくださいね。
んでもって、復刻版ってのも出回ってますので『LEVI'S』の物もあるかも・・・・・
その辺はまたいつかww

んで、なんで50年も前から同じ物を作っているのにビッグEが良いて言われるかって、
それは、少しづつシルエットが年代によって違うのと
一番の違いはやっぱり色。

ビッグEまでは必ずインディゴの濃い染めから色が抜けると縦落ちが出るんですね。
この縦落ちの話をするとまた長くなるので割愛いたしますが、
この縦落ちがビッグE以降なかなかイイ感じに出にくいんですね。
んで、このビッグEってのは雰囲気MAXで存在感が出るんですよ。

って、書きながら伝わんないかな~って思いだしましたww

まあまあとりあえず、気になる方は実際見に来て下さい



っで、やっぱり古い物ですのでダメージが多々ありましたので

140829-6.jpg

とりあえず、大きくなりそうな穴はリペアいたしました。
写真にはないですが、袖口もステッチとび等リペアしております。


ただ、襟ですが・・・

140829-7.jpg

まだチョイ穴でしたので、ありのままにしておきましたww
襟はリペアいたしますとシルエットが壊れやすいので、もうちょっと様子を見た方が・・・
もちろん着用後、何年先であろうと無料でリペアいたしますのでお申し付けください。


はい長々書きました。。
この70505ってのは僕的に思い入れがありまして、
最大4枚所有していたことがあるくらい好きな商品です。
皆様にもこの素晴らしさを感じていただけたら超嬉しく思います。



はい、てな感じで本日はここまで。
明日も皆様のご来店楽しみにお待ちしております

ではでは



関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment